日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

『冬の嵐』 最近、年とともにサスペンスは苦手になっていたが……

『冬の嵐』

  アーサー・ペン監督、メアリー・スティンバージェン主演のサスペンス映画。予備知識がなく、さして期待もせずに見始めたのだが、これがなかなかハラハラドキドキさせる映画で見ごたえがあった。

 

冬の嵐 [DVD]

冬の嵐 [DVD]

 

 

 冒頭、冬の夜に、人気のない駐車場でなんらかの取り引きに臨んだ女が、車中で殺され薬指を切り取られる。

 売れない女優ケイティは、“代役募集”の広告に誘われてオーディションを受ける。審査員のマレーはケイティを一目見ただけで採用。ケイティは足を怪我している夫ロブを残し、零下40度の冬の嵐をついて、マレーに連れられ、プロデューサー、Dr.ルイスの家に向かう。

 映画の仕掛けや伏線が凝っていて、小道具の使い方もうまい。殺された女、その姉、そして女優の三人が、瓜二つという設定は、無理があるようでいて、実はよく考えられている。ケイティが死んだ女に(その姉にも)瓜二つであることと、女優であることが、この映画のサスペンスの根源になっているからだ。途中でケイティの指が切り取られるが、この指がないということも、このヒロインの生き残りをかけた戦いのキーポイントになっている。屋敷に向かう途中、ガソリンスタンドでおまけとして貰った金魚、自動ピアノ、何気なく語られる熊の剥製のこと、などが、最後の場面に生きてくる。驚かせ方も堂に入ったもので、見ていて、ついついヒロインと同じように息の止まるような思いをする。アーサー・ペンの見事な手腕が随所感じられる。ただ、後味のよい映画ではないので、好みは分かれるか。

 メアリー・スティンバージェンは一人三役。主演作品を見るのは、初めてだと思う。どちらかといえば、地味な顔立ちの女優だが、演技力は確かなものがある。

 ただ、この映画の成功は、精神科医であるDr.ルイス役のヤン・ルーベスと、かつての患者で今はルイスと同居し、世話をしているマレー役のロディ・マクドウォールによるところが大きい。特に、ちょっとした仕草や言葉の端々に、隠しきれない狂気を垣間見せるロディ・マクドウォールの印象は強烈だ。かつての『我が谷は緑なりき』の名子役の面影は、この役からはまったくうかがえない。

 こういう映画を見たのは久しぶりだ。最近は、年とともに、サスペンスやスリラーは苦手になって、なんとなく避け気味だったが、質の良いものに当たると、また良いものを見てみたいと妙に意欲が湧いてきたりするのだから、誠に勝手なものである。

《監督》アーサー・ペン  1987年 アメリカ映画

 

 

我が谷は緑なりき 日本語吹替版 ウォルター・ピジョン モーリン・オハラ DDC-021N [DVD]

我が谷は緑なりき 日本語吹替版 ウォルター・ピジョン モーリン・オハラ DDC-021N [DVD]

 

 

後記 

 ・原題は「Dead of Winter」。『冬の嵐』という邦題は芸がないか。

 

 ✳︎他の記事も、どうぞお読みください。

kssa8008.hatenablog.com

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

 

 

 

『アイリスへの手紙』 ジェーン・フォンダは本当にいい女優だが

『アイリスへの手紙』 

  この映画を見て、ジェーン・フォンダって、こんなにいい女優だったんだと、初めて思った。『ジュリア』『帰郷』など、出演作は何本か見ているが、特別の印象はなかった。知的だが、どこか鼻っ柱が強そうなイメージが先行していて私のセンサーにはあまり反応してこなかった女優だ。

 だが、この映画で彼女が見せる、女性としての様々な強さ、切なさ、しなやかさは、実に魅力的だ。

 

アイリスへの手紙 [DVD]

アイリスへの手紙 [DVD]

 

 

続きを読む

50年前のマンガ喫茶?  「サクラ」になった思い出

 「サクラ」になった思い出 

 私の住んでいるのは、東京の東のはずれで、まあ、下町風(本当の意味での下町とは、多分ほど遠かったのだろうが)の所だった。私が子どもの頃は子どもが溢れている時代だったから、下校後の子どもをターゲットにした商売が随分あった。 紙芝居屋や型屋(カタヤ、と読む。粘土屋とも言った)、爆弾あられや玄米パン。飴細工なども見かけることがあった。大体、公園か学校の校門のところで商売をしていた。どれも大儲けのできるような商売ではなかったが、日銭を稼いでけっこうそれで食っていけたのだろう。

 

黄金バット 第1巻

黄金バット 第1巻

 

 

続きを読む

「ワザ、ワザ」と「ちい、ちい、ちい」  私の中学時代2

 中学2年生の息子の新学期が始まった。去年は、夏休みの最後に宿題でずいぶん慌てていたが、今年はうまく切り抜けているらしい。夏休みの宿題というと、厄介なものの代表選手が読書感想文だろう。今はだいぶ様子も変わってきているだろうが、それでもネットでブログなど見ていると、読書感想文の簡単な書き方とか読書感想文不要論とか、苦しめられた人が多いのか、なかなか喧しい。

 私が中学二年の時の読書感想文は、太宰治の『人間失格』が課題図書だった。何を書いたかはさっぱり覚えていないが、9月に入ってしばらく流行した言葉だけはよく覚えている。

「ワザ、ワザ、」

 

 

人間失格、グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

人間失格、グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

 

 

続きを読む

時代劇2題 あっさり味もこってり味も 「必死剣鳥刺し」「丹下左膳 飛燕居合切り」 

「必死剣鳥刺し」  2010年

 

 「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平原作の時代劇が何本も製作された。主人公は、寡黙、誠実。忍耐強く、逆境にあってもくじけない。それでいて、どこか人生に恬淡としている、というような設定が多い。だから、惹句としては、まあ、清冽な生き方云々ということになる。「清冽な生き方」を貫き通すというのは、実際には難しいわけだから、こういう主人公は、とりあえず、「ヒーロー」として、まあ、間違いはないし、娯楽映画としては一定の「感動」を与えることはできるのだろう。だが、そういう映画ばかりだと、どうも物足りない。無理矢理、ベジタリアンにされたような気分になる。口直しに、錦之介や橋蔵、眠狂四郎や座頭市を見たくなる。

 

必死剣鳥刺し [DVD]

必死剣鳥刺し [DVD]

 
続きを読む

『渚にて』 1964年 静かなるメッセージ

『渚にて』

 舞台は1964年のオーストラリア、メルボルン。核戦争により、北半球が壊滅。南半球もやがて降りそそぐ死の灰の恐怖におののいている。

 原作が1957年に刊行、映画の公開が1959年だから、近未来を描いたSFということになるが、私が初めて見たのはテレビの日曜洋画劇場で1968年の放映となっているから、訪れなかった未来、訪れたかもしれない未来を見ていたことになる。

 今回、DVDを購入して再見した。

 

渚にて [DVD]

渚にて [DVD]

 

 

続きを読む

『薄桜記』 これ、ホントに傑作なのかな? 

『薄桜記』

 村松友視に『雷蔵好み』という小説がある。私も実は、そんなにディープではないが「雷蔵好み」である。CS放送では、まだまだ市川雷蔵の映画は頻繁に放映する。それをコツコツと録画してはディスクに残している。いまのところ、90本余り。生涯の出演作品が150本以上だというからまだまだだが、集めてみても、根気も無くなってきているので、生きているうちに果たして全部見れるかどうか、甚だ心もとないのだが。

 『薄桜記』はその中の一本。舞台は元禄、忠臣蔵外伝の一篇だ。雷蔵の時代劇の中でも、傑作との評価の高い作品だが、今回見てみると、どうも物足りない。

 

薄桜記 [DVD]

薄桜記 [DVD]

 

 

続きを読む

初めての味  チーズ、お好み焼き、そしてコーラ

初めての味  チーズ、お好み焼き、そしてコーラ

  初めてチーズを食べたのは学校の給食だった。私が小学校の4年か5年のころだから、1964年前後ということになる。それまで、私はそれまでチーズを見たことも食べたこともなかった。配られた四角い黄色いカタマリを眺めながら、こりゃ、とんでもないものが出てきたと思った。母は、家計の割には食べるものだけはケチらなかったが何しろ田舎育ちだから、チーズを我が家の食卓に載せるなど思いもよらなかった。

 だが、不思議そうな顔をしていたのは私だけではなかったから、たぶん、そういう子どもはたくさんいたはずだ。我が家で、日常的にチーズを食べるようになったのは10年以上あとだったろう。

 

コカ・コーラ 500ml ペットボトル×24本

コカ・コーラ 500ml ペットボトル×24本

 

 

続きを読む

『失われたものの伝説』 砂漠のジョン・ウェイン

『失われたものの伝説』  

 ジョン・ウェインというと、テレビや名画座で結構な本数を見ているが、真っ先に思い起こすのは、なぜか西部劇ではなくて、この映画と「静かなる男」だ。

『失われたものの伝説』は中学生の時、テレビで見て忘れがたい映画の一つになっていたのだが、DVDが販売されていないようで、もう一度見たいと思っていてもなかなか叶わなかった。1年ほど前に、CS放送で放映したので、ようやく見直すことができた。監督はヘンリー・ハサウェイ。1957年公開のアメリカ映画である。

f:id:kssa8008:20160831200337p:plain

続きを読む

雑巾と英雄  私の中学時代

雑巾と英雄  私の中学時代

 私は、中学時代は優等生だったが(高校時代は、劣等生に転落した)、どうも一言多いのか、実はけっこう怒られた。入学して次の日、学活の時間に先生の説明に茶々を入れて(内容は忘れたが)、教壇に正座させられた(その頃は、黒板の前に一段高い教壇があった)。

 担任の男性教師、Y先生からすれば、当然最初が肝心と思ったのだろう。だが、まだ事態の重要性を理解していない私は、照れ隠しに友達に合図を送ったりした。すると、Y先生がそれに気づいて、おとなしく座ってろ、といっただろ、と私の襟足のあたりの髪の毛を引っ張る。これが妙に痛い。イテテ、と腰を浮かすと、だから座ってろといったろ、と第二弾にこめかみの毛を引っ張られる。これは、涙が出るほど痛い。教室は爆笑となり、痛いやら恥ずかしいやらで、私は顔を真っ赤にすることになった。今なら、立派な体罰だろうが、級友たちはまあどこか半分ゲームのような、冗談のような感覚で受け取っていたし、だれも何も問題だとは考えなかった。

 Y先生は四十代だったのだろうか。痩身でどこか飄々とした雰囲気の先生だった。口数が少なくちょっと訛りがあった。滅多に怒らない先生だったが、どこか他の先生にない威厳があったので生徒には怖がられていた。それ以降、私は、特にY先生には怒られていないのだが(他の先生には怒れられたが)、一度、クラスの男子全員でひどく怒られたことがある。

 

綿100% タオル ぞうきん 中厚タイプ 50枚組 業務用(20×30cm)

綿100% タオル ぞうきん 中厚タイプ 50枚組 業務用(20×30cm)

 

 

続きを読む