日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

2018-10-06から1日間の記事一覧

映画「点と線」(小林恒夫 監督)を観る  昔の清張映画もなかなか新鮮なのだが……  それにしても、高峰三枝子は見事なほど美しい。

「点と線」著者の最初の長編推理小説であり、松本清張ブームを巻き起こした作品であり、「ゼロの焦点」とともに、清張初期の推理小説の代表作だが、基本は時刻表トリックを使ったアリバイ崩しのどちらかといえば、地味な作品であり、いまの若い人にとっては…