日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

2018-10-12から1日間の記事一覧

庄内柿をいただいて……いつから、柿がこんなに好きになったのだろうか

山形の叔母から父へ柿が送られてきた。父は94歳だから、年は離れているといっても、叔母も85、6歳にはなるのだろう。父が生き残っている兄弟では一番年上だから、3人いる叔母たちは随分気にかけてくれて、それぞれが携帯電話でしょっちゅう連絡してく…