日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

雑記

庄内柿をいただいて……いつから、柿がこんなに好きになったのだろうか

山形の叔母から父へ柿が送られてきた。父は94歳だから、年は離れているといっても、叔母も85、6歳にはなるのだろう。父が生き残っている兄弟では一番年上だから、3人いる叔母たちは随分気にかけてくれて、それぞれが携帯電話でしょっちゅう連絡してく…

 ランドセルが重すぎるから置き勉を認める? 文科省は小学校の教室を見たことがないのだろうか。

子どもたちのランドセルなどが重すぎるという意見を踏まえて、文科省は宿題で使わない教科書などは教室に置いて帰ることを認めるよう、全国の教育委員会に対して求める方針、という記事を読んだ。具体的には、家庭学習で使用しない教科書や、リコーダーや書…

とりとめのない名前の話など

最近、またポツポツと田宮虎彦を読み返しているのだが、『比叡おろし』という哀切な短編小説を読んでいて、ふと記憶を呼び覚まされる一節があった。それは、全く個人的な記憶であって、作品の中身とも作者の田宮虎彦とも全く関連がない。 主人公の苦学生が、…

 62歳の不器用で、料理下手の半主夫にとって、魅力的なスーパーはどんな店か。

なんの参考にもならないだろうが、GWの暇つぶしに駄文を。 ▶️はじめに まず、家族構成と私の立場をはっきりさせよう。 ・私:62歳。60歳で定年後、親友の世話で再就職。自転車で10分のところで働いている。勤務時間は9時から4時だ。 ・妻:55歳。…

我が家の花見

ようやく花が散りはじめた。土日に雨が降って、今年の桜はもう終わりだと思っていたから、何日か得したような気分だが、節目節目に雨が降ったことで、我が家では今年の花見は諦めることになった。 花見といっても、ここ数年は、妻が運転する車に乗って近所の…

いずれ、隣同士に  60代のよもやま話

いずれ、隣同士に 近くのコンビニで、Yちゃんと会った。「ちゃん」といっても、私より一つ学年が下だから61歳になる。小、中学校は同じだが一緒に遊んだという記憶もない。顔を合わせれば話をするがそう親しいわけではない。近くに住んでいるのだが、家は…

風呂上がりの牛乳は美味しいか  銭湯の頃

テレビドラマ「世界一難しい恋」に風呂上がりの牛乳の話が出てくる。 ホテルに中途採用されたヒロイン(波瑠)が、気難しい社長(大野智)に自社のホテルについて意見を求められ、自社のホテルではどこにも牛乳が売っていないことを指摘し、客は風呂上がりに…

OMOIDORI おもいどり 思い取り

OMOIDORI(おもいどり) 「OMOIDORI(おもいどり)」という機器をついつい買ってしまった。アルバムに貼った写真をそのままiPhoneにスキャンできる「アルバムスキャナ」だ。新しい遊び道具というところである。使ってみるとなかなかスグレモノで値段以上の価…

老いらくの恋  川田順の炎

中井貴一と小泉今日子のテレビドラマ「最後から二番目の恋」(CSの録画です)を見ていて、ふと、「老いらくの恋」という言葉を思い出した。川田順は、あの時何歳だったのか。実は、今の私より、若かったのかどうかが気になったのだ。 本棚にあった「集成昭和…

プレイボール  永遠の谷口くん

プレイボール 最近、夕食どきに野球を見ることがある。普段はバラエティーやクイズ番組などが多いのだが、92歳になる父がつまらなそうな顔をしている時に、野球にする、と聞くと大体、うん、という。自分から野球を見たいとは言わないのだが、父は、地上波…