日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

プレイボール  永遠の谷口くん

プレイボール

  最近、夕食どきに野球を見ることがある。普段はバラエティーやクイズ番組などが多いのだが、92歳になる父がつまらなそうな顔をしている時に、野球にする、と聞くと大体、うん、という。自分から野球を見たいとは言わないのだが、父は、地上波では放映していなくても、BSやCSを探せば、どこかの局で巨人戦が見られることを知っている(昼間、家に一人でいる父は、リモコンの操作に習熟してきて、BSでイチローの試合や高校野球の地区予選なんかも見ているらしい)。

 野球にチャンネルを変えると、エー、というような顔をしていた中二の息子が、近ごろは一緒に見ながら、時折質問をしたり、生意気な意見をいったりする。息子は全く野球の経験がなく、ついこの前までルールもよくわかっていなかった。それが、いっぱしの論評をしたりするようになったのは、ここ二ヶ月ばかりのことだ。  

「谷口くん」のおかげといってよい。

f:id:kssa8008:20160729210733p:plain

 

 

 本棚の隅にあった「キャプテン」の数巻をトイレに置いて、ぼちぼち読んでいたのだが、息子も読んでいたらしく、続きはないの、と言ってきた。あまり本も漫画も読まない息子の珍しい呟きを聞いて、オークションで全巻セットを購入した(いま、古本は驚くほど安い)。それから何週間後かに「プレイボール」も全巻購入した。以前、揃えたことがあって整理したのだが、息子のためとはいえ、また手に入れることができて、なんだかうれしかった。  

 息子は、すぐに谷口くんや丸井くん、イガラシくんの活躍に夢中になったようだ。それとともに、野球にも興味を持つようになったらしい(息子は、小学校ではスイミンングに通うぐらいでさしたるスポーツ経験はない。中学に入ってから、ソフトテニス部に入ってしごかれている)。

 ネットでは、よく、野球漫画ランキングというようなものを見かける。この間見かけた調査では60歳代のランキングは以下のとおり。

 1位 巨人の星  2位 ドカベン  3位 タッチ  

 4位 キャプテン 5位 プレイボール 6位 侍ジャイアンツ

 この結果、納得がいくような、いかないような。

「巨人の星」は、私が小学校6年生の時の開始だったと思う。やはり、味の濃い展開と「大リーグボール」の印象は絶大だった。野球といえば、魔球の時代だ。「ちかいの魔球」や「黒い秘密兵器」に続くこの漫画に、私たちは熱狂した。私の年代の男性の多くは、星飛雄馬や花形満、左門豊作、と登場人物をフルネームで言えるはずだ。

 「魔球の時代」の後を担ったのが「ドカベン」と「キャプテン」「プレイボール」だった。どちらも、魔球は出てこない。だが、水島新司の「ドカベン」は、魔球に匹敵するような、特徴あるキャラクターを揃えて、いってみれば「超人の野球」漫画であったかもしれない(それはそれで、面白かったのだが)。だから、主人公は最も平凡なようで、平凡でない「山田太郎」という名前が付けられている。

「プレイボール」の主人公は谷口タカオ。実は、この間読み返すまで、フルネームは思い浮かばなかった。私の中では「谷口」か「谷口くん」でフルネームは必要なかった。丸井もイガラシも同じだ。野球マンガに初めて登場した等身大のヒーローだった。不器用で、一途で、努力家で、ひたすら野球に打ち込む谷口くんと墨高の活躍は、それまでの野球マンガでは味わえなかった小さな勇気と満足感を味わえた。

 「プレイボール」の連載が始まった頃、私はもう高校生だったが、「プレイボール」を読みたいがために、「ジャンプ」を毎週買うようになった。作者のちばあきおが亡くなった時、もう谷口くんと墨高を見ることができないのだと悲しかった記憶がある。   

 息子から、感想を聞いたことがないが、早々に全巻読んでしまい、今も時々読み返しているらしい。妙に、野球に詳しくなったのは、谷口くんのおかげだろう。

 野球マンガはいわば王道だから新しいヒーローはこれからも続々生まれるだろう。でも、谷口くんは、息子の心をとらえたように、大げさにいえば、永遠に生き続けるような気がする。

 《蛇足だけれど》  

「タッチ」は、私の中では野球マンガではない(面白さは抜群だが)。「侍ジャイアンツ」は、う〜ん、という感じ。

 ちなみに、私が投票するとすれば、青年誌に連載された「ラストイニング」「「愛しのバットマン」「REGGIE」あたりを入れたい気がする(少し、マニアック?)。

 マンガからはだいぶ離れたが、今連載中の「フォーシーム」「グラゼニ」「ワイルドピッチ」は面白く読ませてもらっている。 

 

ラストイニング(44) (ビッグコミックス)

ラストイニング(44) (ビッグコミックス)

 

 

 

フォーシーム 8 (ビッグコミックス)

フォーシーム 8 (ビッグコミックス)

 

 

 

愛しのバットマン(10) (ビッグコミックス)

愛しのバットマン(10) (ビッグコミックス)

 

 

 

REGGIE(2) (モーニングコミックス)

REGGIE(2) (モーニングコミックス)