読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

時代劇2題 あっさり味もこってり味も 「必死剣鳥刺し」「丹下左膳 飛燕居合切り」 

「必死剣鳥刺し」  2010年

 

 「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平原作の時代劇が何本も製作された。主人公は、寡黙、誠実。忍耐強く、逆境にあってもくじけない。それでいて、どこか人生に恬淡としている、というような設定が多い。だから、惹句としては、まあ、清冽な生き方云々ということになる。「清冽な生き方」を貫き通すというのは、実際には難しいわけだから、こういう主人公は、とりあえず、「ヒーロー」として、まあ、間違いはないし、娯楽映画としては一定の「感動」を与えることはできるのだろう。だが、そういう映画ばかりだと、どうも物足りない。無理矢理、ベジタリアンにされたような気分になる。口直しに、錦之介や橋蔵、眠狂四郎や座頭市を見たくなる。

 

必死剣鳥刺し [DVD]

必死剣鳥刺し [DVD]

 

 

 

 それでも、山田洋次監督の三部作は、この映画のように、どうにも静かすぎて、退屈してしまうというようなことはなかった。登場人物が、藩主も、家老も、いかにもそうだろうな、と思わせるような描き方で、いろいろと「鳥刺し」までの伏線はあるのだが、物語としてはあまり厚みがない。随分殺陣に時間をかけたらしいし、見ているときは実際に迫力があるのだが、見終わってみると、「必死剣」はさほど映像として残ってこない(まあ、円月殺法と比べるのは酷だが)。俳優も、主演の豊川悦司をはじめとして、それぞれが好演しているのだから、これは監督の腕ということになるのか。平山秀幸という監督は、評価の高い監督のようだが、「愛を乞う人」を見た時の違和感は埋められなかった。

 

 この映画で、強く印象に残ったのは池脇千鶴の泣き顔。スクリーンに映る女優の泣き顔は、なべて美しいものと思っていたが、まるで子どもの泣き顔のような、なんともくしゃくしゃの泣き顔で、映画の雰囲気とは離れている感があるのだが、見終わってみると、それが一ばん印象に残っている、ということになる。池脇千鶴恐るべし。

 

「丹下左膳 飛燕居合斬り」  1966年

 

丹下左膳 飛燕居合斬り [DVD]

丹下左膳 飛燕居合斬り [DVD]

 

 

 ということで、あっさり味に飽いてしまって、見始めたのが中村錦之助の丹下左膳。監督は五社英雄。テンポの良い、ケレン味たっぷりの演出のためか、見ている間は面白いのだが、見終わってみるとどこか空っぽな感じがするのはなぜなのだろうか。大友柳太朗の丹下左膳のような(大河内傳次郎の左膳は残念ながら未見)、痛快さとか爽快感はないし、殺陣は見事だが、特別な趣向があるわけではなく、敵役が天津敏で、錦之助に見合った相手でもないところからさほど印象に残らない。木村功、丹波哲郎、淡路恵子、入江若葉、とそれなりに華やかなキャストなのだが、錦之助の持つ独特の暗さに飲み込まれてどれもさえない。木村功など、なぜこの役なのか首を捻りたくなるキャスティング。錦之助は好きな俳優だが、この監督の作品のこってり味は、私の舌には合わないらしい。

 

隠し剣孤影抄 (文春文庫)

隠し剣孤影抄 (文春文庫)

 

 

 

丹下左膳餘話 百萬兩の壺 [DVD]

丹下左膳餘話 百萬兩の壺 [DVD]

 

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com