読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

『百円の恋』 安藤サクラは、確かに並みの女優ではないが……  

『百円の恋』 

 安藤サクラが数々の賞を獲得した映画、という程度の予備知識で見始めた。32歳のひきこもりのダメ女の恋物語であり、成長物語。一種、独特な熱気のある映画で、最後のボクシングの試合のシーンなどは結構ハラハラしてみていたし、2時間近く、退屈することはなかったが、だからといって感動したかというとそうでもない。  

 

百円の恋

百円の恋

 

 

 

 ひきこもりの一子(安藤サクラ)は、実家に子連れで出戻ってきた妹ともめて、嫌々ながら実家を出て一人暮らしを始める。100円ショップで働きながら、だらだらと毎日を過ごす一子は、ストイックに練習を重ねる中年のボクサー狩野(新井浩文)と出会い、恋をする。しかし、二人の間は長続きしない。一子は、自らボクシングを始め、やがてプロライセンスを取得、試合に臨む。  

 最初のシーンで見せるだらんとしたというか、ブヨブヨした体から、最後の引き締まった、まさにボクサーの体への変容していく一子には正直驚いたし、それを演じる安藤サクラの鬼気迫る演技は確かに特筆ものである。ボクシングのシーンはジムでの練習からロード、試合までどれも見事なもので、安藤サクラのエネルギーと覚悟が充溢している。確かに、彼女が並の女優ではないのが良く分かる。髪を短く切り、パンチを浴びて顔を腫らし、鼻血を流し、血まみれの唾を吐く一子を演じるには、女優としての「覚悟」がいると思う。  

 でも、結局は私には、この映画はしっくりこないままである。わかるようなわからないような語られない部分が多すぎるのだ。一子がなぜ引きこもりなのか、狩野がなぜ37歳までボクシングをしていたのか、推測はできるがよくはわからない。だから、例えば一子が家を出てすぐに、とりあえず仕事につき、一人暮らしを始められたことが安易に感じられたりする。

 この二人以外の登場人物も、どちらかというと、どこか薄汚い者ばかりだ(もちろんデフォルメされているのだろうが)。共感できるような人物はでてこない。一子がなぜ、狩野に恋したのかもわかるようでわからない。不器用で、人付き合いのできない、孤独な者同士が求めあったということなのだろうか。この狩野にそれほどの魅力があることが、私にはうまく理解できない。どちらかというと、狩野も薄汚い者の一人にしか映らないからだ。  

 登場人物で、唯一共感できるのが、ボクシングジムのトレーナーと会長だ。お嬢ちゃん、ボクシングは甘くないよ、とか、試合するには金がかかるんだよ、という会長と、口数少なくクールに一子の指導をするトレーナーによって、一子のボクシングにのめり込んでいく姿がリアリティを得ている。試合のシーンでも容赦ない激励と𠮟咤、試合後に会長がいう「こういう試合、嫌いじゃないけど」というセリフに、一子の無謀な挑戦の価値がみえてくる。

  だが、試合が終わって、一子が狩野に、勝ちたかった、というラストシーンにカタルシスは感じられない。手をつないで去っていく二人の先に、なにがあるのか、私にはやはり、よく見えてこない。

 映画全体として、ドラマチックなセリフも演技も避けて、あえてそっけない演出にしたのかもしれないが、観るものに直接ひびいてくるものがあまりない。ただ、安藤サクラの肉体と表情だけが、迫ってくる。わたしには、そんな映画に思える。

 私にはこういう映画を楽しむ力も感じる力もなくなったのか、どうにもしっくりこない映画だった。

 《監督》 武 正晴  1914年公開

 

追記   

 力作であることは間違いないが、この映画が近来の傑作とまでいわれるのには、私は首をかしげるしかない。今一度、見たいという気持ちになれないからだ。 安藤サクラは、確かに並の女優ではないが、まだ、彼女が出ているから映画を観に行こうとまでは思わせる女優でもない。  

 

こちらもお読みください。 

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com