読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

『あの日 あの時 愛の記憶』  歳月と記憶の行く末

『あの日 あの時 愛の記憶』  

 何かこなれない題名だと思ったが、見終わってみると、なるほどと思った。この映画は、極限状態でのラブ・ストーリーであるとともに、歳月と記憶の持つ残酷さを描いたドラマである。

 

あの日 あの時 愛の記憶 [DVD]

あの日 あの時 愛の記憶 [DVD]

 

 

 

 映画は現代(1976年)と過去(1944年)が交互に進行していく。主人公はユダヤ人の女ハンナと、ポーランド人の男トマシュ。1976年の舞台はニューヨーク、1944年の舞台はポーランド。

 二人は、アウシュヴィッツと思われる強制収容所で密かに恋仲になり、ハンナは身籠る。話が進んでいくうちにわかるのだが、トマシュはポーランドの国内軍の命を受けて、収容所に潜り込んでいる。収容所内の惨状を撮ったネガを、同じ国内軍の兵士である兄に渡す任務を負っている。脱出ははじめからは計画されていたのだが、ハンナと恋仲になったことで、仲間の反対を押し切りトマシュは半ば強引にハンナを連れ出し、ともに脱出する。

 収容所の描写は、これでもかという過酷な描写が続く。トマシュがドイツ兵に扮装して、ハンナとともに脱出する場面は、強烈な緊張感がみなぎっている。次々に、スリリングなシーンが続いて目が離せない。

 これは、実話を基にしているということで、語られる状況はなかなか複雑だ。強制収容所での非人間的な実態、当時のドイツとソ連の狭間でどちらを向いても出口の見えないポーランドの置かれた状況、極限状況での人々の様々な確執、などが、トマシュの母や、姉夫婦、さらにドイツ軍のの将校とのエピソード等を通して、リアルに語られていく。運命に翻弄されながら、二人は互いの行方もわからぬままに別れ別れになる。

 一方、1976年のニューヨークでは、学者の夫娘と幸せな生活をしていたハンナが、テレビのインタビューに応じるトマシュらしき人物を認める。ハンナの心は揺れる。封印していた30年間の記憶が刺さるように蘇ってくる。よき夫と娘に恵まれた幸せな妻であり母であったハンナが、記憶に苛まれる目の吊りあがった不機嫌な中年女性に変貌する。トマシュは、妻と離婚し、政治的にも挫折し、娘に日和見的な態度をなじられるような初老の男となっている。

 波乱に満ちた物語は、ハンナがトマシュを見つけ出し、逡巡と惑乱の末にポーランドに赴き、トマシュの住む田舎町の広場で再会し、互いに向かい合うところで唐突に終わる。

 おそらく、若い方と私のように年齢を経た者では、この結末の捉え方は違ってくるのではないかと思う。どんなに鮮烈なものであっても記憶は、歳月をこえてそのままの形で人の心に留まるものではないことを、この映画の監督はよくわかっている。極限状態での二人の悲劇的な恋愛は、歳月を経て、愛の記憶として二人が受け止められるかどうか。最後のシーンはそんなことを考えさせる。長い歳月を隔てて、互いに姿を変えた二人が、どのような会話を重ねるのか、これからどのようになるのか、ということは、また別に語られるべき物語なのだろう。

 見応えのある力作ではあるが、もしかしたら別の描き方もあったかもしれない。

《監督》アンナ・ジャスティス  2012年 ドイツ映画

 

次の記事も、お読みください。 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com