読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

『セッション』  えっ、芸道一代?

 

『セッション』 

 ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の繰り広げるドラマ。  

 音楽映画というと、やはり少しずれてしまう。古めかしい言い方だが、一種の芸道物といってもよいのか。日本人は、この手のものは基本的に好きなはずだが、私も例外ではなく、けっこう気に入った映画になった。

 

 

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
 

 

 

 

 名門音楽学院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、ひょんなことからカリスマ教師フレッチャー(J・K・シモンズ)に見込まれて彼のジャズバンドの一員に抜擢される。  

 そこで待っていたのは、時に暴力をも辞さない、サディスティックまでのシゴキだった。完璧な音楽を目指すフレッチャーの指導はアメとムチを使い分けながら、次第に狂気とも思えるほどエスカレートしていく。ニーマンはとりつかれたように必死に食らいついていくが……。  

 傲慢でエゴイスティック、自分の求める音楽のためには手段を選ばない鬼教授と、這い上がるための野心に次第に、自分を見失い妄執にとりつかれていくニーマン。

 映画は、異様な緊張感でまるでスリラー映画のように進んで行く。

 そして、フレッチャーの狡猾な罠にかかったニーマンは、全てを賭けて思わぬ行動に出る。ニーマンがフレッチャーの指示を無視して、ドラムを叩き続けるシーンは、果たし合い、斬り合いのような迫力がある。

 情熱も努力も信頼も絆も役に立たない。善き人であるより、非人間的であることによってしか、たどり着かない場所がある。だからこそ、何もかも打ち捨てても人は芸に魅入られていく。その結末はなんとも皮肉なものだが、芸とか芸術の至福の時は、こんな形で奇跡のように現れるというのは真実なのだろう。

 フレッチャー役のシモンズは、起伏の激しい難役を怪演。ニーマン役のマイルズ・テラーも熱演で、まずは見応えのある映画だ。

 原題は「WHIPLASH」。鞭打つという意味があるようだ。

《監督》デイミアン・チャゼル  2014年公開

 

追記

 私は音楽に無縁で、ジャズに全く疎いので、この映画を音楽的にどうこうという能力も資格もない。でも、だから、この映画がわからないというわけではないだろうと思う。私としては、自由に映画を楽しむだけである。

次の記事も、どうぞお読みください。

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com