日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

「百年小説」(ポプラ社)を手に入れた アンソロジーは楽しい!

 

 この本、なにしろ、厚い。1333ページ。見た目は広辞苑というところか。日本の短編小説のアンソロジーなのだが、これほどのボリュームのものはこれだけだろう。とはいっても、作品数はそう多いわけではない。贅沢な作りなのだ。ネットオークションで手に入れたわりに、保存状態は良好で当時の「刊行記念クイズ」の応募ハガキが挟まっているのだが、そこには

《「森鴎外から太宰治まで、51人の傑作短編を1冊に」》

《「大きな文字」「総ルビ」で読む美しい日本語を愛する人たちの必読の書!》

というようなコピーが載っている。

www.poplar.co.jp

 

 

 文字は確かに大きい(老眼鏡がいらない)。活字の組み方もゆったりしている。スピン(しおりひも)が2本ついているのも今時珍しい。総ルビも、もともと中途半端な知識しか持たず、年齢的な衰えを自覚しつつある私のようなものにはありがたい。本の雰囲気(?)は、昔、母の実家にあった講談本によく似ているのだが、紙質が違うので重さが違う。

 2008年の刊行当時、書店で目にして、家の本棚に並べてみたいという欲求がムクムクと頭をもたげたのだが、なかなか購入する勇気がなかった。

 電子書籍が増える中、時代に逆行するような贅沢な作りのこの本を手に入れて、嬉しかったのだが一つ誤算があった。大型本だから当然なのだが、寝転がって読むのはまず困難で、膝の上に置いて読むのも厳しく、また、喫茶店に持ち込んでというのも無理で、この本に限っては机に向かって正しい姿勢で読むのがベストだという結論に至った。いつもだらしない姿勢になれているので、ちょっと、堅苦しい。

 

 アンソロジーであるから、編集の方針があるのだろうが、この本は潔くて、編集の方針も解説も全く記されてない。51人の作家は生年月日順に配置されていて、その作家についての略歴、解説はそれぞれ扉の裏のページにあるが、どうしてその作家を選んだのか、その作品を選んだのかということは述べられていない(刊行記念に「百年小説の愉しみ」という冊子が配布されたようだが、本そのものには解説の類はまったくない)。

 51人の作家とその作品の選択については、どうして、この作品が入っているのか、なぜあの作家は入っていないのか、なぜこの作品なのか等々、詳しい人にとっては、当然異論のあるところだろう。しかし、これだけ何も書いていないのは、ごちゃごちゃ考えずに、まず作品を読んで楽しんでくれということなのかとも思う。

f:id:kssa8008:20170521233209p:plain

 私は読書の幅が狭いので、51人のうちまったく読んだことのない作家が20人はいる。一つ二つの作品しか読んでいない作家が10人ぐらい。名前を知らない作家も一人いた。読んだことのある作品となるとさらに覚束ないので、異論も思いつかないのだが、それでも改めてラインナップを眺めてみると、比較的読んでいる作家については、あれ、とか、へえ、とか思うものもあるから、詳しい方にとってはあれこれと考えることも出てくることだろう。自分なら、この作家は外さない、とか、この作家ならこの作品とは違うものを選ぶ、等々。読み進めていくうちに、究極は、それぞれが独自のアンソロジーに到達するのかも知れない。この本の潔さには、そういう深謀遠慮もあるのだろうか。

 

 とりあえず、いくつか読んだ。

 岩野泡鳴「猫八」。森鴎外「杯」。江戸川乱歩「押絵と旅する男」(これは再読)。中山義秀「秋風」(再読)。

 「猫八」を読んでいて、あれっ、と気づいた。この小説では、文士たちと物真似芸人の猫八が、久米正雄の小説「虎」について議論をする場面がストーリーの中心となる。あれ、たしか久米正雄の「虎」は選ばれていたはずだと目次を見直した。このあたりは編者の企みか。

 「杯」。ロマン的な小品。私にはさっぱりよさがわからない。なんで、これなんだろう。鴎外を大して読んでいないくせに首をひねってみる。

 「押絵と旅する男」。基本的に純文学の作家が選ばれているのに、乱歩と岡本綺堂はちょっと違うように思える。作品を読む前に、乱歩についての解説を読んだのだが、最後の方に「1964年から刊行されたポプラ社の『少年探偵 江戸川乱歩全集』はロングセラーになっている」という一文がサラッと入れてある。ナルホド!

 「秋風」。中山義秀は愛読している作家だが、これは彼の中では珍しい、ほのぼのとした趣のある作品。個人的には大好きな好短編だが、なぜ「碑」や「厚物咲」という代表作ではないのか、という意図は知りたくなった(ポプラ社がこのあと刊行した百年文庫には「碑」が選ばれている)。

 

 うん、こうやって実際に読んでみると、いろいろあって、アンソロジーというのは滅法面白い。ブログで、「⚪︎⚪︎のベスト20」とか「✖️✖️ランキング」というような記事をよく見かけるが、自分で作ってて熱くなるのもわかるような気がする。

 この本、3000円はお買い得だったかも。

 

少年探偵 江戸川乱歩全26巻セット(ポプラ文庫クラシック)

少年探偵 江戸川乱歩全26巻セット(ポプラ文庫クラシック)

 

 

 

 

猫八

猫八

 

 

次の記事もどうぞ。

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com