日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

「波止場」を観る  名作の誉れ高いが……

 

 「波止場」を観た。波止場を暴力で支配するギャングに立ち向かう港湾労働者の姿を描いた映画だ。1954年のアカデミー賞8部門受賞作で、若きマーロン・ブランドの代表作。でも、少しも面白くなかった。これって、本当に名作なのか?

 

波止場 [Blu-ray]

波止場 [Blu-ray]

 

 

  施設上がりで元プロボクサーのテリー(マーロン・ブランド)は心ならずもゴロツキに落ちぶれているが内実は繊細な若者。波止場を牛耳るジョニー(リー・J・コップ)は卑劣で酷薄。告発の先頭に立つ神父(カール・マルデン)は正義漢だが、一本気で融通が利かない。デフォルメされているのだろうが、誰もがよくあるキャラクター。あまりに類型的だ。ストーリーも、兄の死によって、目覚めたテリーが、イディ(エヴァ・マリー・セイント)の支えを受けながら。一人でジョニーに立ち向かっていくわけだが、この辺りもいわば予想通りの展開。悪対正義、権力対労働者。そうなるだろうな思いながらその結末はあまりに図式的で見ていてなにか釈然としない。

 マーロン・ブランドの演技も当時は新鮮だったのだろうか。私には、特別感銘を覚えるような演技には見えない。いつも、猫背気味にしているのは繊細な心のうちを示そうということなのだろうが、周りより背が低いこともあって、私には単にいびつに見えるだけだ。

 

 屋上で鳩を飼育する姿から、ついついマイク・タイソンを思い起こした。アメリカでは、鳩を飼う青年と「孤独」というのは重なり合うのだろうか。

 

 この映画のエヴァ・マリー・セイントは、クール・ビューティという感じではなく、初々しい魅力に満ちている。細身の体に目を惹かれる。

 男優では、テリーの兄役のロッド・スタイガーが地味ながら目に付く演技をしている。

 監督はエリア・カザン。「エデンの東」「草原の輝き」は若い時に見ているが。

 

草原の輝き [DVD]

草原の輝き [DVD]

 

この記事もどうぞ。

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 

kssa8008.hatenablog.com