日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

「続・深夜食堂」を観る 渡辺美佐子の「豚汁定食」の味は?

 3編のエピソードから構成されている。最初の二つ「焼肉定食」「焼うどん」は低調で、あれっと思いながら見ていたが、「豚汁定食」で渡辺美佐子が登場すると、画面から目が離せなくなる。画面からというより、渡辺美佐子から、文字通り目が離せなくなるのだ。この高齢の女優の一つ一つのセリフ、ちょっとした表情の変化が、驚くほど瑞々しい。

 

映画 続・深夜食堂 DVD通常版

映画 続・深夜食堂 DVD通常版

 

 

 

 「深夜食堂」は、テレビシリーズで作り上げた安定した物語の枠組みを持っている。常連の客には、これまでにそれぞれが主役であったエピソードの積み重ねがあって、続けた見てきたものにとっては、それが瞬間思い起こされる。ヤクザの竜(松重豊)が入ってきて、おカマの小寿々(綾田俊樹)の隣に座るのは当然だし、お茶漬けシスターズも健在だなとか、小道(宇野祥平)の髪の毛ってこんなだったけ、とか、見ていて細部が楽しい。マリリン(安藤玉恵)や忠さん(不破万作)に、よっ、元気、と声をかけたくなる。店のカウンターに座っている客も、タクシーの運転手も皆これまでの視聴者にとっては訳ありの人物なのだ。
 だから、ゲストとして出演する俳優にとっては、この出来上がった世界というか、空気感に溶け込むのは容易じゃないだろう。まして、テレビシリーズでは、すべてのエピソードがほぼ食堂内で終わるが、映画ではそうはいかない。枠組みからはみ出る分だけリスクも大きい。
  
 最初のエピソード「焼肉定食」のヒロイン河井青葉は、気持ちが凹むと喪服を着るキャリアウーマン役。喪服はよく似合うが、「マスター、肉!」と叫ぶときのパワーは若干不足気味だ。
 「焼うどん」では、キムラ緑子の達者な演技と、池松壮亮の妙にテンションの低い演技がかみ合わない。小島聖のキャラクターにも、母一人子一人の15歳年下の青年が結婚を熱望するだけの魅力を感じさせる説得力はない。息子の覚悟を理屈の上では認めながらも揺れ動く母親の思い。寡婦として頑張ってきた母親の心配を十分理解しながらも自らの思いを貫こうと決意する息子の思い。キムラの演技どこか生活感の乏しく、池松の演技は若者らしい熱を感じさせない。なんとも味の薄い焼うどんになっている。

 深夜食堂は、品書きに載っているのは豚汁定食だけで、あとはできるものは何でも作るという店。この物語はエピソードごとに料理の名前がついていて、訪れる客は毎回その料理を注文するという趣向になっている。例えば、竜ちゃんは赤いタコちゃんウインナーだし、小寿々は卵焼きということになる。
 唯一のメニュー「豚汁定食」は看板料理ということになる。
 だから、詐欺にあって警官の小暮(オダギリ・ジョー)に連れられて深夜食堂にきた夕起子(渡辺美佐子)が豚汁定食を頼んだのにはちょっとした違和感があった(これが伏線になっているだけでなく、マスターの過去にもかかわることになる。このあたりはなかなか上手い)。その豚汁を啜る夕起子の何とも言えぬ童女のような表情におもわず惹きつけられる。
 

 毛糸の帽子からはみ出た白髪、ぼんやりした表情、着ているものもどこか冴えない。これまでの人生があまり幸福ではなかったことも、現在も決して幸福とは言えないことも、渡辺美佐子がそこにたたずんでいるだけで、感じ取ることができる。ちょっとした目の動きや間の取り方で老いを迎えてなお孤独な女の姿が伝わってくる。息子を捨てて駆け落ちした自分の過去をマスター(小林薫)に話すときに、一瞬だけ取り戻す女としての表情の妖しさ。車の中から大人になった息子をみる切ない表情。初めて見る孫の姿に、かわいいといいながら華やぐ笑顔。そして、そのあとに訪れる悔恨と諦念。
「豚汁定食」という看板メニューをタイトルに据えただけのことはある。渡辺美佐子は84歳だというが、この老女優の「豚汁定食」は本当に味わいが深い。

 できれば、映画館で観たかった。映画館が明るくなって、何かおいしいものでも食べて帰ろうか、というようなほっこりする気持ちになれる映画は、いまはなかなかない。前半に不満はのこるものの、「続・深夜食堂」が良質な人情物語であることは間違いない。

※夕起子の義弟役の井川比佐志もすっかり頭が白くなった。老練の演技が光っている。
※前作に出演していた多部未華子、余貴美子も引き続き出演。他に、須藤理沙、光石研、山中崇、谷村美月など個性的な役者が脇を固めている。 

 

映画「深夜食堂」

映画「深夜食堂」

 

 

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 この記事もどうぞ。

 

kssa8008.hatenablog.com

 

 
kssa8008.hatenablog.com

kssa8008.hatenablog.com